KENGOブログ

HOME > KENGOブログ > ウッドビルドはまじめに健康住宅の普及に取組みます

想い2020.01.17

ウッドビルドはまじめに健康住宅の普及に取組みます

ウッドビルドでは、住宅の通気性能と断熱性能の両立に欠かせない「自動開閉式換気口」を製造しています。四季に応じて通気をコントロールすることで家に住む人が健康的で快適に過ごすことができます。

ハットヘルス組立

自動開閉式換気口は、形状記憶合金を用いているので電気を使わずに換気口の開け閉めができるので経済的です。しかも、気温に応じで自動的に動くので家に住む人がわざわざ開けたり閉めたりする必要もないので、面倒な作業も必要ありません。

自動開閉の心臓部である形状記憶合金は、愛知県の大同特殊鋼で製造しており、材質はチタンとニッケルで錆びることはなく、半永久に劣化しない合金なので安心です。実際に稼働テストを10万回行いましたが、劣化は見られませんでした。10万回という数字は、一日に2回換気口の開閉があったと仮定して、100年は問題が無いという数字です。

自動開閉式換気口の製造は、熟練した職人が一つ一つ丁寧に、作動状態の確認を行いながら作っています。みんなまじめで真剣にモノづくりに取り組んでいます。

創業者の寺島今朝成はモノづくりが大好きな人でした。お客様のお悩みを解決するべく、常に新しい商品の開発を摸索していました。失敗をすることも多々ありましたが、失敗はものともせず、また次の開発に目を向けていました。ウッドビルドは、そんな創業者の意志を引き継ぎ、これからもモノづくりを行いながらまじめに健康住宅の普及に取組んでまいります。

WB
village
iine
marche

ご相談
お問い合わせ